1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話

家族

俺の親父はおれが26の時の悲しい話になります

投稿日:

俺の親父はおれが26の時の悲しい話になります。
直腸癌から肝臓への転移で死んでもうた。
モルヒネで延命したため死に際は最悪だった。

でも俺は泣かなかったんだ。何でかと言うと・・・・。

スポンサーリンク


「人前で泣くな」

が口癖だった親父の言いつけを遺言と思い絶対泣かなかった。

親父は若いころから苦労しかしていない。

祖母(親父の母)は、親父が20才の時に死んだ。
祖父はアル中で祖母の後を追うように3年後に死んだ。
親父は長男で下に兄弟姉妹が7人も居たんだ。
一番下は乳飲み子だった。

この子を断腸の思いで養子にだした。
そして他の兄弟姉妹を親戚に頼み込んで育て上げた。
(主に天草取りでで生計を立てたため片耳はつぶれていた)

その苦労を思うと泣けそうになったが、
俺は、兎に角、絶対に泣かなかった。

その後、親父は結婚し俺と姉を授かりとても幸せそうに毎日を送っていた。
苦労話も結構楽しそうに語って俺たちに教えた。
貧乏でもとてもポジティブだった。
他人の相談にも自分事のようにのっていた。

今、俺は2人の男の父となった。

口癖は「男は人前で泣いてはいけない」だ。

俺は子に面倒など一切見てもらう気はない。

嫁も孫も見せてくれなくて良い。

親父は俺に人生というものを教えてくれた。

「今、幸せならそれで良い。多くを望んではいけないのだ」
こんな悲しい話だけど最後までお付き合い有難うございました!

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2021 All Rights Reserved.