Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



家族

おじいちゃんの思い出が

投稿日:

おじいちゃんの思い出が・・・。私は小学生のころよくおじいちゃんと一緒に寝ていた・・・
おじいちゃんは暖かくておじいちゃんの手を枕にしてよく寝ていた、おじいちゃんも私のことをかなり可愛がってくれたと思う・・・

スポンサーリンク




中学生になってもよく一緒に寝ていたが、3年生くらいになると急に寝なくなった・・・
というのも反抗期が来ていたためおじいちゃんが「一緒に寝よう」と言って布団に入ってきたりするとよく蹴り飛ばしていた・・・
そんなことがあってもおじいちゃんは私を可愛がってくれたが、私はうざくてよく死ねとか言っていて段々とおじいちゃんも何も言わなくなっていった・・・

そしておじいちゃんがある日脳梗塞で倒れた・・・
しかし私はその時高校1年生で不良のような感じになっていたためお見舞いは1回しか行かなかった、がその1回をおじいちゃんはとても喜んでくれていた・・・

そんな関係を続け私も大学に入りおじいちゃんの存在なんか忘れていた頃、父からおじいちゃんが死んだとの連絡が入りさすがの私も病院に急行した・・・
本当におじいちゃんは死んでいた、私は泣かずに涙をこらえていたが、そんな私を見て父があるものを渡してきた・・・
それは小学5年生くらいの頃おじいちゃんと東京タワーに行ったときに描いてもらった私の絵である・・・
そんなに古いものをおじいちゃんは大事に持っていてくれた、私は涙が止まらずどーしてもっとお見舞いに行かなかったんだろうとか八つ当たりしたのかと悔やんだ・・・
祖母によるとおじいちゃんはいつも私の話をしてくれたらしい 元気か?とか受験受かったか?とか色々と心配してくれていたとのことだった・・・

私はおじいちゃんの手をとって自分の頬に当てた、その手は昔のような暖かさは無く冷たかった・・・

でもその手のおかげで私の心は昔の暖かさを取り戻したと思う、おじいちゃん大好きです・・・

スポンサーリンク




本当に泣ける話を集めてみました・・・。


おじいちゃんは爆撃機のクルーだった
おじいちゃんの戦時中の泣ける話





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-家族
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.