Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

おじいちゃんの戦時中の泣ける話

投稿日:

おじいちゃんの戦時中の泣ける話です。
おじいちゃんが満州に行っとったことは知っとってんけどシベリア行きが確定してもうた時に、友達と逃亡したのは知らなんだ・・・。
何でも2、3日は友達たちと逃亡生活を過ごしとってんけど人数がおると目立つからとるっちゅうことで別れ別れになったさ。
おじいちゃんは1週間ばかり彷徨いやっと船に潜り込んで日本に帰国したらしい。
逃亡中、現地の中国の人々が匿ってくれたりご飯を分けてくれたりしたから、おじいちゃんは中国には足を向けられへんと言っとった。
おじいちゃんはあまり戦争の事を話さなんだ。
それが話すようになった切っ掛けは、逃亡中途中で別れ別れになった戦友から、今も元気であるとるっちゅう手紙が先日届いたから。
相手方が長い時間をかけて、おじいちゃんの無事を信じ、おじいちゃんの消息を探し続けてくれたらしい。
手紙を読みながら、普段泣かへんおじいちゃんが大泣きして膝をついたのに驚いた。
おじいちゃんが泣きながら
「やっと戦争が終わった」
と呟いたのが心に残った。

スポンサーリンク




ほんで、おばあちゃんが私と二人きりになるとよく泣くようになりよった。私が成人してからよくそういうことがあったからずっと不思議やった。
せやから最近会うた時に訳を聞ぃたら、今の私が戦時中に亡くなったおばあちゃんのお母さんに似とるからやと言われた。
おばあちゃんから戦争の話を聞ぃたのも初めてやったから驚いた。
戦争の時、おばあちゃんの母親はまだ7歳やったばあしゃんとその弟を連れて逃げとったねやけど、身重で満足に栄養も摂れへなんだから病気になってしもた。
ほんで娘にウチの代わりに弟を守ってねと言い、防空壕で死んでしもた。
おばあちゃんは県の北部に住んでいたねやけど、米軍から逃げるためにおぼこい弟をおぶって、飲まず食わずで南に歩き続けたらしい。
夜に歩いとる時は心無い人にお化けと間違えられ、石を投げられたこともあったとのことだ。
せやけど力尽きて道に倒れとった時に米軍のジープが来て連れて行かれ、殺されると思ったけどご飯やお菓子をくれたり、お風呂にも入れてくれてえろう良くしてくれはった。
それがえろう嬉しかったから命の恩人の米兵さんにもう一度逢いたいと言っとった。
色々衝撃的やけどおばあちゃんが必死で生き抜いてくれたから今の私がおるので頑張って生きようと思とりますねん・・・。

スポンサーリンク




戦時の恋愛観
戦時中の良い話





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.