Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

小さな食堂の泣ける話

投稿日:

小さな食堂の泣ける話です。
私は小さな食堂でバイトしています。(夫婦と息子さんで経営、バイトは私だけの合計4人でバイトをしています)
基本的に調理は旦那さんと息子さんがやっています。
付け合せの人参のグラッセなど簡単なものは私が作っています!
昨日最後に来たお客さん(親子3人)がこんなことを言いました。
「この人参のグラッセを作ってる人はどなたですか?」
と聞いてきました。
私は不味いと苦情を言われるんだと思って
震えながら「私ですが・・・」
とお客さんがいるテーブルに行きました・・・。
今にも怒られるんではないのかと感じながら・・・。
お客さんは私をじろじろと見て・・・・(怖いな・・・・と感じながら・・・・)
「そう、あなたが作ってるのか」
と呟きました・・・・。
そうしたら奥さんの方が・・・
「うちの子、人参が大嫌いでどんな料理にしても絶対に食べないの・・・」
と言いました・・・。
「それなのに、このお店のグラッセだけは美味しいっていつも嬉しそうに食べるのよ!
良かったらレシピを教えてくれないでしょうか!?」
とメモ帳とペンを私に差し出してきました・・・。
そういうことは店長に確認を取らないといけないので・・・冷静を装ってと厨房に行きましたが、実際は嬉しくてぼろぼろ泣いてたんです。
厨房に行くと店長は・・・

スポンサーリンク




「話は聞いてた。レシピは教えてやっていいぞ!」
とレシピのコピーをしてくれていました・・・。
そして「これも持っていきな」と
とグラッセとうちの一番の自慢のコロッケを渡してくれました・・・。
お客さんにレシピと「これは気持ちです」と料理をテーブルに載せると、
子供は満面の笑みで「ありがとう!!!!」
と、夫婦も「このコロッケ凄く美味しくて大好きなんです」って美味しそうに食べてくれました・・・。
このことが本当に嬉しくて嬉しくて、お客さんが帰った後、思わず大泣きしてしまったんです。
店長が「料理屋は客に美味いと言われるのが最高の幸せだ!!!!
だから今のお前は最高に幸せなんだ」と
言って、私が泣き止むまでずっとお店にいてくれました・・・。
お店もここにくるお客さんもみんな大好き。
本当に最高な職場で働いているなと感じています。

スポンサーリンク





彼女の三回忌の悲しい話
29分の1の時間を彼と入れただけで幸せでした
彼女への最後の言葉





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.