感動する話

自分で心を閉ざしていただけ

投稿日:

高校生の時の話になります。この時期に嫌な事があったので書かせて下さい・・・。
私はクラス全員から冷たい目で見られてるような気がした。
学校帰りの夕方、運悪く朝は晴れていたのに・・・。
どしゃ降りの雨が降ってきた。
バス停で濡れ、バスを降りる時濡れた床に足を取られて・・・。
豪快にぶっ倒れたんだ。
バスの運転手が面倒くさそうに「大丈夫か?」の一言だけ。
その顔がひどく冷淡に見えてさ・・・。
返事もせず、慌ててバスを降りる俺・・・。
まだ強く雨が降っている。
傘など持ってない俺。
転んでドロドロだしどうでもいいわと歩き出すと背後から
声をかけられた「あの~○○寺に行きたいんですが」
眼鏡をかけた初老のおじさんと妻らしき人・・・・。
うっとおしく思いながらも丁寧に道を教える俺。
足早に帰ろうとしたら、
「行き先途中まで一緒に行きませんか」とおじさん
俺が不機嫌な顔で断っても
「まぁいいじゃないですか」とニコニコしながら傘に入れてくれたおじさん。
体の大きい俺。おじさんの傘は小さく、肩がはみ出て濡れてしまう
俺が濡れたら悪いので走って帰りますと言っても、「濡れついで。道もわからないしつきあってくださいな」寺は一本道なんだけどな。
そうこうしてるうちに俺の家の前まで来た
「ありがとうございました。寺はすぐそこです」と礼を言うと、おじさんは
「ありがとう助かったよ。風邪ひくからすぐ体ふきなよ。じゃあね」と、寺に向かい歩き始めた。
なぜか小さくなっていくおじさんの背中を
眺めていた俺。おじさんの奥さんの声が聞こえたんだよね
「お父さん、寺なんか行ってどうするんですか(笑)もう閉まってるだろうし」おじさん傘に俺を入れるため
行きたくもない寺まで歩いてくれたのかな。
雨で冷たくなったはずなのに
なぜか俺の体があったかくなるような感じがしました。
この時期は自分で心を閉ざしていただけな気がしました。





-感動する話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

アメリカの紳士

この話はアメリカの紳士の素敵な話になります。 隣のテーブルで泣いている人がいたから アメリカのレストランに現れた紳士と1枚のメモの素敵な話になります。 アメリカの、 それなりに上等なレストランでのこと …

約束を果たせなかった泣ける話

約束を果たせなかった泣ける話です。 俺が入院していた時になりますが・・・。 隣の小児科病棟に5歳くらいの白血病の男の子が入院していたんです。 生まれてから一度も外に出られていない子だと聞いて・・・俺は …

no image

感動甲子園・高校野球

全国各地で夏の甲子園の都道府県大会が開催され、ほとんどの都道府県で代表校が決まってきましたね。私の住む茨城県では、私立の水城高校が初の甲子園への切符を掴んだようですが、その裏側にあるエピソードに、思わ …

no image

お母さんの文集です

私の部屋(生まれる前は応接室だった)にずっと母の本棚がある。 母が集めている推理小説とか過去にもらった本とかがたくさん入ってて、私は特に本棚の中を開けてみたり触ったりもしなかった。 数年前、ちょっと捜 …

no image

先生が残した最後の宿題

とある学校の、病気で亡くなった先生が 担任を持ってた生徒に向けて残した最後の宿題     「幸せになりなさい」 君たちが宿題を出す頃におそらく僕は天国にいるでしょう。 急いで報告に …