1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

競馬の感動する話 ウイニングチケットのダービー

投稿日:

競馬は本当にドラマがあって感動しますよね。柴田政人騎手と言えばウイニングチケットは切っても切り離せませんよね。
19回目の挑戦で悲願のダービージョッキーに輝いた名騎手です...ダービー当日は予想通りアンバーライオンがペースメーカーを務めたが、中団に待機した1番人気ウイニングチケットが3コーナー過ぎから一気にスパートを.直線坂下で先頭に立ち、そのままビワハヤヒデ、ナリタタイシンの追撃を振り切って皐月賞(4着)の雪辱を果たした...
この瞬間に念願のダービージョッキーになったのです。レース前には勝てなければ騎手を引退するとまで言っていました!本当にこのレースの気持ちが伝わりまして勝った瞬間に感動して泣きました。

スポンサーリンク




16万を超える大観衆の声援を受けて、柴田政騎手がこん身の力を込めてウイニングチケットを追いまくった...ゴールまで、あと200メートル...内から宿命のライバル岡部の操るビワハヤヒデがスルスルと脚を伸ばし、外からは春のクラシック全冠制覇を狙う武のナリタタイシンが猛然とスパートをかけてきた...

内、外から迫る蹄(てい)音を聞きながら「もうひと息だ...我慢してくれ!」...柴田政は愛馬にシッタの言葉をかけ、腕も折れよとばかりに手綱をしごく...3強マッチレースに、場内の興奮はピークに達した...左の視界にビワハヤヒデの影がチラッと映ったが、ウイニングは辛くも半馬身だけ踏ん張り、先頭で栄光のダービーゴールに駆け込んだ...
そして・・・・。

期せずして沸き上がるマサコールが...地鳴りのようなファンの祝福を耳にして柴田政の胸にグッと熱いものが込み上げてきた...騎手になった時から追い続けてきたダービー制覇の夢が、今、現実のものとなったのだ...興奮と喜びで胸がいっぱいになり、知らぬ間に涙がほおを伝わっていた...

19回目の挑戦で、見事にダービージョッキーの仲間入りを果たした柴田政は、早くから今年のウイニングチケットにかけていた...数年前から体力の衰えを自覚するようになり、親しい人には「精いっぱい頑張っても、現役生活はあと3年くらい」と漏らしていた...「今年が最後のチャンス」...そんな決意で臨んだに違いない...

前日は親しい小島貞騎手と調整ルーム(騎手の宿舎)で酒を飲みながら、故戸山調教師の思い出話にふけり、ぐっすりと眠った...そしてこの日は、朝から勝負の鬼と化していた...気迫のこもったプレーで2...、5、6レースを制覇...気力の高まりが頂点に達したダービー時には

 「ふだんの柴田さんとは表情が違っていた...輪乗りの時なんか、怖くて声をかけることさえできませんでした」というほど闘志を表に出していた...いってみれば柴田政の執念が持たらした勝利でもあったわけだ...

晴れの表彰式を終えてインタビューに臨んだ柴田政は「返し馬の時から落ち着いていたので、勝てそうな予感があった...2コーナーではうまく内に入れたし、道中の折り合いもピッタリ...4角ではまだ手ごたえ十分だったので、いけると思いました」と、会心のレースを振り返った...皐月賞では早仕掛けが非難されたが「あの乗り方がベスト」との信念を貫き、4角2番手の積極騎乗で鮮やかにうっ憤を晴らした...

自らもダービー初制覇を果たした伊藤雄師は「マサトを男にしてやれて本当にうれしい...1コーナーをうまくさばいたのが勝因...最高のプレーだった」と好騎乗を褒めたたえた...

本当にロマンがあって感動する話になりますね。泣きました。また競馬がもっと好きになった瞬間でもありました。

スポンサーリンク





武豊騎手がサイレンススズカ故障の夜に生まれて初めて泥酔した泣ける話
スーパークリーク号の感動する話
競馬の泣ける話 グッバイマイライフ





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.