感動する話

感動甲子園・高校野球

投稿日:

全国各地で夏の甲子園の都道府県大会が開催され、ほとんどの都道府県で代表校が決まってきましたね。私の住む茨城県では、私立の水城高校が初の甲子園への切符を掴んだようですが、その裏側にあるエピソードに、思わず感動してしまいました。

そのエピソードの主人公は、水城高校の野球部の選手ではなく、水城高校の校長である山野隆夫さん。山野さんご自身は、かつて水戸一高の高校球児で、大学では野球はやらなかったそうですが、その後高校教師となり、ある若かりし時、水戸南高校に赴任したそうです。

水戸南高校というのは、通信制の高校だそうですが、通信制にしては珍しく、硬式の野球部がありました。ただ、山野さんが水戸南高校に赴任した当初は、野球部の監督も他にいましたし、山野さん自身ももう野球に携わる気持ちは無かったんだそうです。ところが、その野球部の監督をしていた先生が転勤になてしまい、学校の中で野球部の監督をできそうな人は、山野さんだけという状況に。山野さんは、皆から懇願され、監督を引き受けることにしたのです。しかし、監督を引き受けたものの、当時の水戸南高校の野球部は、ハッキリ言ってかなりの弱小チーム。トスバッティングはおろか、キャッチボールもままならず、さらに、部員たちのグローブも軟式用だったり、ボールもボロボロのものが20個あるだけという、そんな状況だったそうで、もう野球をやるようなレベルではなかったんだそうです。

ただ、そうした中でも、選手たちはとても必死でした。朝5時に起きて一日立ち仕事をし、夕方から授業を受けて、夜の9時から11時まで練習をする。そして、ヘトヘトになって帰り、また次の朝5時に起きて仕事に行くのです。

そんな選手たちの姿を見て、ある日、山野さんはこう思ったそうです。

「何でコイツらはこんな辛い思いをして、毎日野球を続けるんだろうか?勝ちたいからなのか?それとも、単純に野球が好きだからなのか?」前任監督の義理だけで、グランドに立つ自分が、正直辛かったのです。そして、山野さんは満を持して選手たちに問いかけてみました。「お前ら何で硬式なんだ?今まで野球やったことあんのか?金もかかるから軟式で良いんじゃねえのか?」

その問に対する選手たちの答えに、山野さんはとんでもないショックを受けました。

「野球は、夏の大会の前には、出場各校の部員全員の名前が新聞に載ります。また、球場に行けば、写真入りの冊子に自分が載ります。軟式は分からないけど、硬式は確実に載るんです。だから、僕たちは野球で頑張っているんです。」

山野さんは、最初聞いたときは、何を言っているのか意味が分かりませんでした。しかし、その答えは、他の選手に聞いてみても同じ。そこで、山野さんはもう少し選手に聞いてみました。

山野さん:「どうして新聞や冊子に名前が載るのが良いんだ?そんなに載りたいのか?」

選手たち:「父ちゃんか、母ちゃんが、新聞や冊子を見て、俺の名前を見つけてくれるかもしれないと思って。」

そう。実は、この水戸南高校の選手たちの多くは、近くの孤児施設出身の子どもたちだったのです。顔も知らない、記憶にも無い親に会えるかも知れない大きなチャンスが、この夏の県予選だったのです。

そんなことも知らず、自身は野球のレベルのことを考えたり、義理でグランドに立っていた自分が情けなくなり、自分を恥じたそうです。

それからというもの、山野さんは母校関係者からボールを掻き集め、朝練も始めました。そして、それでもはまともなユニフォームも無かったので寄付をお願いし、背番号は墨で書いたそうです。当然ながら、夜の練習にもより一層熱が入りました。

その夏、水戸南高校は、0-38で1回戦で敗れてしまいました。しかし、山野さんは恥じる気持ちなど一切なく、選手たちをとても誇らしく思ったそうです。この体験が、この現・水城高校校長である山野さんの原点。『野球はすべてを結集させる』という信念が生まれた瞬間でした。そしてその後も、山野さんは荒廃し、野球部も休部状態だったような高校を、野球の力を使って立て直したり、その信念を貫き通して、ここまでやってきたのです。

そして今夏、自身が校長を務める水城高校で、初の甲子園出場を果たしました。この水城高校は、私立校ではありますが、「単純に良い選手を野球留学させて、強くしましたよ」というチームではないと思います。

山野さんの高校野球に対する信念が、選手たちを強烈に後押しし、ノーシードのノーマークから、甲子園出場へと上り詰めていったのではないでしょうか。

私も、学生時代には野球をやっていましたが、野球というスポーツは、ただ単に野球がうまくなれば良い、勝てれば良いというものではないと思っています。もちろん、プロはそうではありません。しかし、高校野球、中学野球、少年野球においては、野球というスポーツを通じて何を学ぶかが重要だと思います。

こういう言い方をすると、古臭いだの、精神論だの言う方もたしかにいると思います。しかし、それでも私は野球のこういう部分ってすごく大事なところで、この点に関しては、他のスポーツとも一線を画していると思います。ひいき目なしで。だからこそ、感動も大きくなるのです。

先日、ツイッターでも、高校野球は大衆文化としての色合いが強く、郷土愛や地元意識がすごく強いもの。だからこそ、たまたまここ3年茨城県に住んでいる私は、どうも地元意識が沸かず、茨城県大会にもあまり興味が沸かないというようなことを書きました。

それはそうなんですけど、このエピソードを聞いて、地元意識が変わったかは分かりませんが、少なくともこの水城高校は応援したいなと思いました。

スポーツには、こうした舞台裏というものがたくさん用意されています。もちろん、それらは誰かが意図的に作ったものではなく、そのスポーツを通した普段の生活の中で、自然に生まれていくものです。

スポーツの勝ち負けに一喜一憂することもすごく楽しいことですが、こうした舞台裏のエピソードが、その戦いにひと味も二味もスパイスを加えてくれるに違いありません。

これから、いよいよ夏の甲子園も開幕しますが、また見る楽しみが増えたような気がします。頑張れ、水城高校!

この話感動しました! http://kiyotoshiaraki.hatenablog.jp/entry/20100730/1280454982





-感動する話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おれは大切な彼女のために医者になると決めた

おれは大切な彼女のために医者になると決めたんだ・・・。 この話はもう2年も前の話になるんだけどさ・・・。 その頃俺は医学生だったんだよ。かわいい彼女もいた。 世の中にこれ以上いい女はいないと思うくらい …

no image

カラオケ誕生日パーティーの話

パパ、ママ、小学生3人の3姉妹の仲良し5人家族 ある日ママが交通事故で死んじゃいました 慣れない家事にお父さんも奮闘 タマゴ焼きを焦がしたり、洗濯物をシワだらけにしたり・・・。 失敗しながらも笑顔で幼 …

赤ちゃんとお母さんは首都ワガドゥグーにある病院に運ばれ・・・

西アフリカ西端に位置する共和制国家「ギニア」から、サハラ砂漠の南に位置する内陸国「ブルキナファソ」に向かっていた飛行機の中で、突如、陣痛を訴えたのはNafi Diabyさん。彼女は妊娠28週目だったそ …

no image

病院のトイレの落書き

大きな病院に通院していました。その時の話です。 ある日、男子トイレの洋式の方に入り座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。 『入院して二ヶ月、直らない。もうだめだ。』 そして二週間後(その落書きの …

no image

人生は恩師の一言で変われます

人生は恩師の一言で変われます!こんな俺も変われたので断言します。今くよくよしてたらこの記事みて元気になってほしい!俺でも変われたんだから! 俺さ、子供の頃から勉強苦手で、運動能力も皆無。容姿だって贔屓 …