Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



感動する話

高3の時の夏バイト

投稿日:

仕事の感動する話です。私が高3の夏の事になります(ノω・、) ウゥ・・・
友達の紹介でFFのテストプレーヤーのアル仕事をする事になった...

スポンサーリンク




発売前のゲームで遊べてしかも金までもらえるなんてこんな素敵な仕事は無いと、意気天を衝く思いで夏休み丸々一ヶ月働くことにした...

しかし行ってみると現実はそんな甘い物ではなく、来る日も来る日も同じ作業をやらされる日々(ノω・、) ウゥ・・・
行動は厳しく制限されており、休憩中の買出しももちろん、トイレに行くのも監視係の許可が必要だった...

何よりも腹立たしいのは、開発チームの下っ端と思われるひょろメガネが必要以上に仕事に対して高圧的だったこと...
またそいつは自分の得点を上げるつもりか、仕事が見つけた事を「こんなバグ見つけましたよ」とか「ここはこうした方がいいような」などと上司に報告して自分の手柄にしていたこともあった...

自分の立場は理解してるつもりだったが、とにかくひょろメガネに対して反抗心を抱いていたわたしは、そいつが監視係の時はあえて無視して席を離れたり、違う階のトイレを使っていた...
奴の管理能力のなさを知らしめてやるつもりだった...

当然のように別階のトイレで用足していた時、一人の男に声をかけられた(ノω・、) ウゥ・・・
「アナタ、仕事?こんな所のトイレ使っちゃだめだよ」
少し会話を交わして多少気が合ったのか、その日の夕食に誘われた...
その人物が当時副社長だった坂口〇信...

仕事も終わり指定された場所に行くと、坂口博信と一緒に普段よく見かける開発メンバー達がいた...
そしてよく見るとひょろメガネも隅の方に小さく座っていた...
軽くあいさつを済まして席に座ろうとすると、唐突にひょろメガネが
「なんでアナタがこっちに座るの!?」
とまた偉そうに声を張り上げたのだった...

「いや、わたしが呼んだんだよ...たまにはプレイヤーの意見も聞こうと思ってさ...」とすかさず坂口氏はフォロー...
仕事の中でも目立つ存在だったわたしは、他のメンバー達にもよく知られていた...
そしてなによりひょろメガネ以外のメンバー達とは、よく会話も交わしていて親しい関係でもあった...

夕食時の会話はほとんどゲームに触れず、もっぱら趣味は将来の話などをした(/□≦、)エーン!!
「大学なんか行かないで、ウチに就職しにこないか?」と誘われたりもした...
その間ひょろメガネは一言も会話に参加せず、浮いた存在である事が推して知ることとなった...
少しひょろメガネがかわいそうになったわたしは、少し敬ってやることにした...
後に仕事の関係で何人かと再会したことがあった...
お互い覚えているような、無いような感じで当時の事などを話した事もある...

坂口〇信の名前を見ると必ず思い出す...
自分がゲーム内容で指摘した事が、製品版ではいくつか改善されていた事...
なにより嬉しかったのは自分の名前が、エンディングロールに入っていた事...
SFCが壊れてとっくに捨てた今でもFF5は大切に持っている(--,)ぐすん

スポンサーリンク




本当に泣ける話を集めてみました・・・。


アルバイトの女の子
バイトで限界を向かえた





おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-感動する話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.