1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



泣ける話

台風とタクシーの話

投稿日:

この話を見ると心がほんわかした気分になります。

タクシーの中でお客さんとどんな話しをするか、
平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話しになります。

今日の福岡は台風11号の余波で朝から断続的に激しい雨が降っていました。

午後も遅く、
駅の近くの整骨院からそのおばあちゃんをお乗せした時も─。

「どちらまで行きましょう?」

「近くて悪いけど五条(太宰府市)の○○薬局までお願いできるやろか」

「了解しました」

普通に走れば10分くらいの距離です。

「ちょうど今ぐらいの時間やったけど空はもっと暗くてね、どこが川なんか分からんくらい辺り一面水浸しやった。
途方に暮れたけど、家に戻ると叱られるってわかっとったからな、
もう無我夢中で土手をよじ登って、
何度も吹き飛ばされそうになりながら学校に向かって走ったとよ。
校舎の裏の崖を今度は半ば流されながら下って、やっと学校にり着いた時には辺りはもう真っ暗やった…」

─車は五条の通りをノロノロと進んでいます。

スポンサーリンク




台風で学校に残っていた先生達は
職員室に駆け込んで来た彼女を見て驚いた様子でしたが、
彼女が事情を話すと数人の男性教師が合羽を着て外に走り出して行きました。

「よくここまで来たね」
「お母さんが寄こしたの?」
「そう…大変だったわね」

残った先生達が彼女を労ってくれました。
皆彼女の家の事情は知っていたようで、
(可哀想にこんな小さな子を台風の中外に出すなんて)
と言う気持ちだったのでしょう。

中でも一人の女性教師が、

「T子ちゃん こんなに濡れて 頑張ったね!
辛かったね
でもお母さんを悪く思わないでね」

と抱きかかえるようにして彼女の身体を拭いてくれました。

「有り難くてね涙が止まらんかったよ」

─あと1つ角を曲がれば薬局が見えてきます。

(そろそろ切り上げ時かな)

僕は、「先生の恩って有難いですね」とかなんとか、無難な合いの手を入れて話しを終わらせようとしました。

しかし、次の彼女の一言で言葉が出なくなりました。

「後で判ったんやけどな、その時の女の先生っていうのが私の本当のお母さんやったんよ」

車は薬局の駐車場で停止しました。

「ごめんな運転手さん、年寄りの話しに付き合わせて」

「いえ…」

「いくらかな」

「920円です」

千円札を出して

「お釣りはいらんからな、コーヒー代にもならんやろうけど」

「ありがとうございます」

足を庇いながらうつむき加減に降りていったおばあちゃんの顔は見なかったけど、泣いているのは声でわかりました。

顔を見れなかったのは、僕も泣いていたからです。感動する話です。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-泣ける話
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.