Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1人で泣きたいときに見る話,泣ける話,悲しい話,恋愛,家族,友達,動物の涙腺崩壊する話

おもいっきり泣ける話



恋愛

伝えたかった気持ち

投稿日:

私は中学3年生のとき、遠距離恋愛をしていた。

Skypeというアプリで知り合った人だった。

いわばネット恋愛。

話すだけで嬉しくてとても楽しかった。

私はみるみる惹かれていった。

でも、所詮ネット恋愛だし会うことはない。

あきらめよう。

そう自分に言い聞かせていた。

相手は4歳も年上の大学生だった。

中学生と大学生。

到底叶うはずもない・・・。

そんなある日彼が私の兄の後輩だという事が発覚!

私は兄に「会いたい」そう伝えた。

兄はなにを感じ取ったかはしらないが、二言返事で了承してくれた。

兄のおかげもありライン、フェイスブック、様々なものを知る事ができた。

そして、私の家に彼がお泊りに来た。

毎晩、兄と私と彼の3人でたわいもない話をしていた。

まぁ、1ヶ月くらいで帰ってしまったが・・・。

しかし、帰ってしまってからも毎晩通話してビデオをつけて話して・・・
様々なことをしていた。

冬の寒い日。

その日はクリスマスだった。

雪の降る日、私は告白をしようと思い彼に電話をかけた。

~二人の会話~

私「よーっす」

彼「お前か。どーした?」

私「今暇?」

彼「今から横断歩道渡るんだけど・・・」

私「なんだ暇なんだね。」

彼「ひまじゃねーってww」

私「大事な話があるんだけど。ずっと前から」

彼「まって俺が言いたい。てか、言わせて。」

私「わかった」

彼「俺体弱いし、持病ももってるし、遺書も手放せないほどだけど、お前の事が・・・!?」

ここで会話が途切れ電話も切れました。

私はずっと不安でしょうがなかった。

何かあったのかな?

電話も何度もかけましたがいっこうにつながりませんでした。

それから2日後
私に彼の番号から電話がかかってきました。

~会話~

私「もしもし!」

?「こんにちは、○○さんですよね?」

私「はい。あの、どなたですか?」

?「××(彼の名前)の友人です」

私「どーかしたんですか?」

友「一昨日亡くなりました。交通事故にあったんです。スリップした車が突っ込んでいって・・・。病院に運ばれる途中に亡くなりました。そのとき、××はこの手紙を大事そうに抱えていました。」

私「あの、え・・・?え?」

友「手紙読んでいいですか?手紙はあなた宛です」

私「あ、はい」

手紙の内容を書きます。

スポンサーリンク



~手紙~

○○へ
お前がこの手紙を読んでるっていうことはそういうことだ。お前はこの手紙を読んでないてるんだろうな。泣かせてごめんな・・・。

でも、どんな理由で死んだとしても俺は後悔しない!って思いたかった。結局、後悔していると思う。俺はお前と出会って死ぬまで一緒に居たいと思った。

てか、死にたくないって思った。なんで俺が死ななきゃいけないんだよ・・・。正直に言う。俺はお前に恋してる。叶わないって分かってる。

お前は中学生だし。夢だってやりたいことだっていっぱいあると思う。だから、俺のせいでお前を縛りたくない。

告白したかったなぁ。手を繋いで一緒にしゃべって、歩いて笑って・・・。いろんなことしたかった。

お前の話をもう聞けないよ。ごめんな?俺の最後のお願い聞いてくれ。

お前に幸せになって精一杯生きて欲しい。後悔して欲しくない。俺が死んでもお前は笑って次の恋を探していてくれ。お前が他の奴を好きになってるって考えたら悔しいし寂しいよ。

でも、お前が笑ってないって思うほうが嫌だ。俺はお前の笑顔が大好きだ。お前が大好きだった。てか、愛してる。

手紙はコレで終わっていた。

私は彼が大好きでした。

というか、今は私に彼氏が居ますが、彼のことは頭から離れません。

ある意味浮気ですねw

けど、私は彼のことを一生忘れません。

コレからも愛し続けてやります

どうか上から見守っててください

ちなみに私は今、中3です。

そう、ほんの3ヶ月前におきたことです。

長文失礼しました。

スポンサーリンク







おすすめ記事

1

最悪な話だけどお付き合いください。おれは不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れていった。 幸いずる賢く立ち回ったこともあ ...

no image 2

私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。 ...

3

なんで戦争はなくならないのか・・・・。 戦争は本当にやめましょう。この話を見る前にあえて言います・・・。 涙腺崩壊です。 この話はドイツにいたおじいさんの戦争時の話になります。 祖父はドイツ人で戦中は ...

-恋愛
-

Copyright© おもいっきり泣ける話 , 2018 All Rights Reserved.